毎日更新! 学校日誌

2017年11月の記事一覧

校内は紅葉で鮮やかです

11月29日(水)朝靄の早朝、
冷え込んでおりますが、校内の木々は鮮やかに紅葉しています。
  
  

  
29.11.29  AM 7:10 撮影
美の山も見えません。本日は、美の山山頂からの雲海は最高かと思います。

生徒の皆さんは、2学期の期末考査が6日後と迫っています。
よい新年を迎えられるように、ぜひ頑張って勉強してください!

先生方も勉強です

本年度2回目の授業研究週間が終了しました。
近頃、多くの先生方が普段の授業を見に来ていたと感じている生徒たちも多かったと思います。
11月22日(水)に、先生方が互いに授業を見合っての「振り返り会」(研修会)を実施しました。

今回はカウンセラーさんとコーディネーターさんにも参加していただきました。
授業を見学し合い、生徒の様子を見て、
今後どのようなことに注意して授業などを進めていくか、生徒たちに接していくかなど活発な意見交換がされました。
  

先生方も、日々勉強を重ねて研究し合い、よりよい授業づくり、指導方法などの勉強を進めています。

生徒の皆さんも、1時間1時間の授業を大切に受けてください。

小鹿野町民大会出場(バドミントン部)

バドミントン部です。
11月19日(日)小鹿野高校を会場に開催された、小鹿野町民大会に男子1ペア、女子1ペアの男女2名ずつの計4名が出場しました。
1部と2部があり、生徒は2部に出場しました。
男女とも1年生,2年生のペアです。一般の選手や他校の選手と対戦しました。
練習を積み重ねて、お互いの連携も上がっています。
しかし、いざ試合となると自分の力を出せない面もありましたが、最後まで頑張りました。
試合は厳しい結果となりましたが、今自分たちに足らないところを認識できたと思います。
悔しい気持ちを糧にして、1月の団体戦に向けて、一つ一つの練習を頑張っていきます。
  

災害ボランティア講座へ参加

11月16日(木)災害ボランティア講座に生徒たちが参加しました。

近年、台風や地震などの自然震災で被災されてしまった方々の報道を目にします。
このような被災に対して、本校生徒たちも継続して募金活動などに取り組んできています。
また、私たちも日ごろから避難訓練などを通して防災意識を高めています。

今回、皆野町社会福祉協議会が主催する、
日本赤十字社救急法指導員さんによる災害ボランティア講座を受け、実習も体験しました。

参加したのは、本校生徒、皆野町赤十字奉仕団の皆さま、広報みなの等で呼びかけた地域の方々です。

最初は、「災害時炊き出し訓練」を行いました。
炊き出し食メニューは、白飯とカレー。
白飯は、ハイゼックス炊飯袋を使ってご飯を炊きました。
ハイゼックス炊飯袋とは
災害発生時、水や食料品などが十分でなくても非常用の炊き出しをするための袋です。
この袋は強化ポリエチレンで出来ています。沸騰したお湯の中でも有害物質を出しません。
一度に大量の炊飯ができる上、
炊飯道具などがいらないので水を大量に使用できない災害場所や避難場所で有効な炊き出し法です。
  

炊き出し訓練の後は、「災害時救護について」講習です。
地域の自然災害危機について学習しました。
皆野町でも山や小さな川などの付近では、土砂災害の危険地域もあります。
土砂災害ハザードマップや避難について講義がありました。
講義の中で、「自助」「共助」「公助」の連携については勉強になりました。
特に「共助」の大切さは改めて必要なことだと感じています。


続いて、災害時の救護「負傷者発見!その時あなたは?」ということで、
手当の流れを身につけるために、今回は応急手当の基本実習を体験しました。
止血の方法、三角巾などを使ったり包帯の巻き方の指導をしていただきました。
  

最後には、炊き出し訓練での、炊き出し食の試食をしました。


今回、地域の皆さんと一緒に、万一災害が起きた時のボランティアということで貴重な体験をすることができました。
生徒たちも「自助」「共助」の大切さを強く感じる講座となりました。
学校に戻って、全校生徒にもこの意義深い体験を伝えたいと思います。

青少年健全育成街頭キャンペーン

11月20日(月)午後4時から1時間、
ヤオコー皆野店の店頭で青少年健全育成街頭キャンペーンを実施しました。

毎年11月は、内閣府が定める「子供・若者育成支援強調月間」並びに県が定める「いじめ撲滅強調月間」です。


これらの強調月間に合わせて、
 秩父地域振興センターが中心となり秩父地域の青少年健全育成やいじめ撲滅の気運を高めるため、
秩父地域のスーパーマーケットやイベント会場において、青少年健全育成街頭キャンペーンを実施しています。

今回はヤオコー皆野店での実施ということで、本校生徒や教職員も参加しました。
 
コバトンや地域の皆さんと一緒になって啓発チラシなどを配布し、青少年の健全育成を訴えました。

参加者:
秩父警察署、皆野高等学校、皆野町教育委員会、秩父地区保護司会、秩父地区更生保護女性会、秩父地域振興センター、コバトン (6団体18人)

2年生も校歌木彫り

11月16日(木)2年生も校歌木彫りに取り組みました。
体育館に掲げられている校歌ボードが老朽化したため、生徒が全員で作り変えることになりました。

2年生の修学旅行中に、1・3年生は作製を開始しています。
今回、2年生も作製を始めました。
全校生徒で、1枚の校歌ボードを力を合わせて作製します。

卒業式にはお披露目ができるように、各学年ごとにコツコツと作製を続けていきます。
 
 
 

薬物乱用防止教室

11月13日(月)秋桜祭の片付け日です。
片付け終了後、午後から薬物乱用防止教室を実施しました。

日本薬科大学の野澤先生に講師として来校していただきました。
野澤先生は秩父在住の先生で、高校の校長先生を退職されて現在、大学の先生として活躍されています。

今回の教室は、薬物乱用防止という枠だけにとどまらず、
「在り方生き方」としての内容も多く含まれており、時間が”あっ”という間に過ぎ去ってしまった感じです。

本日の講義内容を、しっかり受け止めて将来に向けてしっかり生き抜いていってほしいと思います。
野澤先生、ありがとうございました。
  
 

平成29年度の商品開発~試作品を調理しました~

11月1日(水)現在、取組中の商品開発の試作品を調理しました。

昨年度に引き続き2年生の選択授業で「商品開発」を行っています。
授業では、ブレーンストーミングを用いてアイデアを出しあい検討してきました。
   
6月には、「新井武平商店」「菓子工房hasimoto」「肉の宝屋」の社長様に来校していただき、
三名の社長様からご指導いただいたり、アドバイスなどをしていただきました。

その後も、授業で検討を進めたり社長様方と連絡を取って助言をいただきながら一歩一歩進めてきました。
街に出て、一般の方々に対して市場調査も行いました。

今回作る商品は、地元産にこだわったハンバーガーに決まりました。
メインは、ジビエの肉をメインに、秩父産の野菜、秩父で焼いたパンなどを使って作ることになりました。

そして、11月1日(水)放課後、本校調理室で2回目となる試作品づくりを行いました。
社長様方も駆けつけていただきアドバイスをもらいながらの調理です。
  

試作品が完成して試食です。意見を出し合いながら「うまい、うまい」
「これなら売れるぞ~」と生徒たちは興奮気味です。
  

肉の度合い、他の具材、味付けなど色々なパターンで作ってみました。
  

とても、美味しそうでしょ!!
 
 
これから、最後の仕上げに向けて検討や試作品づくりを続けて年度内販売を目指します。
皆さん、楽しみにお待ちください。

「さやかのつどい」ボランティア参加

11月19日(日)
障がい者支援施設さやか「さやかのつどい」へ生徒たちが1日ボランティア参加しました。

本校生徒たちは、「さやか厨房製甘酒」の配付を、地域の方と一緒に担当しました。
一時は行列もできるほど忙しい時もありましたが、よく頑張っていました。
「高校生も頑張っているね!」と激励の言葉やお褒めの言葉もたくさんいただきました。
本校は、地域の様々な機関と連携をとりながら、様々な体験を通した指導にも取り組んでいます。

本日「ふれあいデー」です


埼玉県の公立学校では「ふれあいデー」を毎月定めています。
本日「ふれあいデー」です。

「ふれあいデー」とは、教職員の働き方を見直すため定時退勤を推奨する日です。
教職員に定時退勤(午後5時)を働きかけてまいります。

生徒・保護者の皆さんの御理解と御協力をお願いします。

皆高伝統の「山かけ」

この時期の皆高では伝統の「山かけ」があります。
この「山かけ」とは、毎年、11月頃から行われる体育の授業中のロードレースのことです。
その名のとおり、コースは急こう配の山を駆け登り、飛び降りるように谷を下るアップダウンの連続。
スタート地点は正門前、ゴールは国神神社。全長約3Km
で男女とも同じコースを走ります。
本校の立地環境を利用した独特な授業は、伝統的にこの愛称で呼ばれています。

 

この授業には代々の皆高生全員が挑んできました。
(過去、寄居・波久礼から皆野まで荒川対岸コースでマラソン大会がありましたが、現在は交通事情等で実施されていません)
こういった伝統の授業を通じて「勤勉」さが身に付いてきます。
皆高の「山かけ」は、生徒それぞれに走る意味を与えてくれるはずです。

【正門前の駐車場でウォーミングアップです】
  

【正門前を男女一斉スタート】
 
  
体育以外の先生方も、生徒と一緒に走っています。この写真は、3年生最後の走りです。

皆野幼稚園の年長組が来校しました

皆野幼稚園、年長組の皆さんが、皆野高校に来校してくれました。
これは、幼稚園の社会見学の一つの取り組みです。
 

当初は、高校のコンピュータでの授業も見学予定でしたが、
園児たちの到着が遅れてしまったため、体育館へ直接移動して、高校生と元気に交流してもらいました。
  
園児たちは、初めて見る大きい体育館にとても驚き、
高校生のお兄さんやお姉さんとボールで遊んだり、鬼ごっこをして楽しみました。
  
最後は記念撮影です。

園児からの質問タイムでは、みんなが元気に手をあげてくれました。
「どうして高校の体育館は大きいの?」などたくさんの質問に高校生タジタジで答えていました。
また、園児の皆さんから手作りプレゼントをもらい、高校生たちも感動して受け取っていました。

また皆野高校に遊びに来てください。
 
大きくなったら皆野高校に入学してくれるのを待っています!

簿記公開講座~夏休みから継続実施中~

本校では長期休業期間を中心に、地域住民を対象とした「学校公開講座」を実施しています。
簿記の公開講座は、夏休みから継続して現在も実施しています。

11月26日(日)に実施される、
全国経理教育協会主催の簿記能力検定試験に挑戦するために、
仕事が終わってから夜間に来校して、週1回程度のペースで勉強を重ねています。
講座も大詰めとなっています。
11月17日(金)には模擬問題を解いていました。
  
次回は、11月24日(金)最後の講座で、検定試験の合格を目指します。

12月からも、冬季公開講座として参加者を募集します。
簿記講座以外にも、6講座、計7講座を開講します。
ぜひ、多くの皆さまに本校の公開講座を楽しく受講していただきたいと思います。
簿記の公開講座も、新たな受講生を募集します。

下記から、埼玉県教育委員会「公開講座」のページへリンクします。
本校以外の公開講座もご覧いただけます。
https://www.pref.saitama.lg.jp/f2216/station/kokaikouza.html

皆野寄居バイパストンネル防災訓練へ参加

国道140号バイパス
「皆野寄居有料道路でのトンネル防災訓練の様子を撮影してほしい」
埼玉県道路公社から本校写真部に依頼があり、撮影に出向きました。

この防災訓練は、11月8日(水)に実施されました。
道路公社はもちろん、警察・消防・県土、地域の方々などの協力で、
有料道路を全面通行止めにして実施されました。防災ヘリも参加です。

管理事務所でヘルメットと蛍光ベストを着用して、いざトンネル内へ!
訓練が始まると部員たちは、そのリアルさに呆然。撮影するどころか見入ってしまう状況。
顧問からの「何をしている!シャッターを切れ!!」の激に、我に返ってシャッターを押し続ける部員。
外には、防災ヘリが負傷者を救助して搬送・・・・
こんな大掛かりな防災訓練を撮影しました。

生徒が撮った作品は、今後、寄居町役場や皆野町役場に展示予定とのことです。

平成30年度(現在の1年生)海外修学旅行を実施

本校は、来年度の修学旅行(現在の1年生)の行き先が海外(台湾)に決まりました。

11月11日(土)秋桜祭の一般公開では、
1年生が、台湾修学旅行に向けての事前学習として台湾についてインターネットなどで調べて、その結果をまとめて展示発表しました。
さらに、台湾のお菓子を購入して販売しました。

【 台湾について調べて、観光スポットやグルメについてまとめて、展示発表しました 】
 

【 本校の先生が台湾に行った時の写真をお借りして、台湾の写真をプロジェクターで投影して紹介しました】
 

【 購入した台湾のお菓子を販売しました 】
 


本校で初めて、
秩父地域でも初めての海外修学旅行に来年度の2年生が行ってきます!
行先は台湾です。
日本に対しても友好的な国であり、秩父地域にも台湾の高校生も訪れています。
台湾の人たちとの国際交流、秩父地域の文化の紹介も計画していく予定です。

台湾への修学旅行実施の経緯

〇入学式前、3月17日の入学許可候補者説明会で、新入生・保護者に対しての修学旅行アンケートを実施しました。
〇アンケート結果を参考に4月になって学年会議で何度も協議し、最終的に海外修学旅行として行先を「台湾」という学年案を決定しました。
〇その後、職員会議で全教職員に周知しました。
〇5月に、この海外修学旅行の原案に関して保護者から了解を得るため、保護者宛の台湾修学旅行について説明文を配布しました。
〇説明文配布後、保護者からの反対意見等がないことを確認して、旅行業者3者への見積もり依頼をしました。
〇2度に渡り旅行業者から企画書などの説明のプレゼン内容を吟味して、業者選定委員会を経て業者を決定しました。
〇6月の三者面談では、担任から保護者へ個々に修学旅行に関する説明を行いました。
〇7月には、業者を呼んで修学旅行に関する保護者説明会を実施しました。
〇現在、計画的に台湾修学旅行に向けての事前学習に取り組んでいます。

この写真は「秩父地域おもてなし観光公社」へ学年主任が挨拶に行った時の写真です。
「秩父地域おもてなし観光公社」は、台湾の高校生が修学旅行などで秩父に来た時の窓口を担当しています。
今後、台湾の高校生が来たときは交流をさせていただけるようにお願いしてきました。

秋桜祭 表彰式など

秋桜祭が終了し、11月13日(月)は後片付け、表彰式、会計処理が行われました。

どの団体も朝からテキパキと片付けに取り組んでいました。
「準備は、あんなに時間がかかるのに片づけるとあっという間だね!」などと少し名残惜しさも感じながら作業を行っていました。

片付け後は、秋桜祭の表彰式です。
学年部門1団体、部活動部門3団体が表彰されます。どの団体も思考を凝らして何週間も前から準備を重ねてきました。
学年部門の発表からです。学年部門の最優秀賞は「2学年」です。
   
2学年は、本格的なお化け屋敷を行いました。驚かせる仕掛けなどは去年よりパワーアップしていて、非常に人を引き付けるものでした。
怖い絵などを展示しながらの販売コーナーも、内装は非常に工夫を凝らしていました。

続いて部活動部門の発表です。部活動の優秀賞は「科学部」です。
  
「科学部」の展示は透明標本、浮沈子やプラ板製作といった見ても楽しく作っても楽しい科学部ならではの展示でした。
ペットボトルの中にある「浮き」が浮いたり沈んだり、透明標本はまるでガラスで作られたものであるかのように綺麗なものでした。

そして最優秀賞は、
「JRC部 「ARAI♡Bakery」」
「図書委員会 「ミニ図書館」」です。
 
  
「JRC部 「ARAI♡Bakery」」ではボランティアによるパンの販売を行いました。
パン販売だけでなく、日ごろ取り組んでいるボランティア活動の展示物にも共感していただけたのではないかと思います。

図書委員会の「ミニ図書館」では本の紹介やしおり作成を行いました。
特に、本や図書館が好きな人はとても落ちつけるスペースとなり、しおり作成はついつい時間を忘れて作成してしまいました。

最後に各団体の会計処理が行われました。
  
  
それぞれの団体の収支や売り上げをチェックしていきます。
レシートと帳簿を照らし合わせて、不一致項目が発見されれば、確認してもらいます。
生徒会役員は目を凝らして間違えのないように、真剣に作業を行いました。
会計処理も大きな間違いもなく無事に終了しました。
  
  
   
秋桜祭もこれで全てが終わりました。来場者数も昨年より増えて、多くの皆さんに来校していただきました。
生徒会を中心にどの学年、団体も大変だったり難しいこともあった中で、生徒は楽しみながら一生懸命頑張りました。お疲れさまでした。
また、地域の皆様、ご来場の方々、大変ありがとうございました。これからも皆野高校を応援していただければと思います。

第2回学校評議員会兼学校評価懇話会

11月11日(土)秋桜祭の開催に合わせて、
第2回学校評議員会兼学校評価懇話会を開催しました。

平成29年度の前期活動状況や、
各分掌・学年・教科から提出された中間申告などについて報告や意見交換をしました。

今回開催のメイン内容である、秋桜祭については生徒委員会から説明があり、
その後、約50分間かけて校内の展示や模擬店などを見学していただきながら、
生徒や教員の活動状況を見学していただきました。

評議員の先生方は、小銭を用意していただいて生徒たちにも声がけしながら校内をまわっていただきました。
その後、昼食をとりながら意見交換を行いました。
本校が、現在取り組んでいる商品開発についてもアイデアをいただきました。

会議終了後も、文化祭会場の教室に戻って買い物をしていただいた評議員さんもおりました。
お忙しい中、御来校いただき、ありがとうございました。

み~なちゃん「ぬりえ展」文化祭で開催

11月11日(土)本校文化祭「秋桜祭」で、
地元園児たちによる「み~なちゃん」の『ぬりえ展』を開催しました。

参加していただいたのは、
皆野幼稚園  73名
明星保育園 116名
国神保育園  58名
合計 247名です。

園の先生方にも協力いただき有り難うございました。
本校生徒会から、園児のご家庭に配付させていただいた招待券を持って来校していただいた方もおりました。
  
入口である、昇降口前に掲示させていただき御来校いただいた多くのお客様にも見ていただきました。
 

2年インターンシップ取組を文化祭で展示発表

11月11日(土)秋桜祭 一般公開で、
2年生全員が夏休み期間を利用して地域の事業所で経験したインターンシップ体験を展示発表しました。

昨年まで、インターンシップは3日間1回の実施でしたが、
今年度は、このインターンシップ3日間を2回体験しました。

1回目は7月25日(火)から27日(木)までの3日間
2回目は8月22日(火)から24日(木)までの3日間
異なった業種の仕事を体験することで、今後の進路活動に役立つ貴重な体験になっています。

今回、文化祭で、この貴重な体験の様子の写真や体験日誌などのしおりを展示発表しました。
 

2年生が夏休み中に職場へ出かけて実施した6日間の体験に加えて、
校内での事前事後学習や、職場へ出向いての打ち合わせなど、
頑張って取り組んだ様子を展示内容から感じ取ることができました。

受け入れていただいた全ての職場にも、文化祭への案内をさせていただきました。
お忙しい中、多くの職場の方にも来校していただきました。
社長さん直々に御来校いただいた会社もあり恐縮しております。

文化祭を利用しての展示発表は今回初めての取組でした。
素晴らしい展示であったと思います。

秋桜祭 2日目 一般公開

11月11日(土)、秋桜祭2日目です。
今年は学年ごとにテーマを設定しました。
1学年は「台湾」、2学年は「ホラー」、3学年は「飲食」です。

1学年のエリアは、ゲームでポイントをGETしていき、総合ポイントに応じて台湾のお菓子が割引されるというアトラクションでした。
創意工夫あふれるゲームの数々で、とても楽しいものになっていました。
  

2学年のエリアは、迷路とお化け屋敷の中に散らばっているお札を集め、その数に応じて景品がもらえるというアトラクションでした。
秋桜祭名物の「引間の館」も大好評で、順番待ちの行列ができるほどでした。
雰囲気づくりが徹底されていて、とても怖くて完成度の高い作品でした。
   
  


3学年のエリアは、カレーうどん(ナン)・デザート・飲み物の販売でした。
大盛況で生徒たちはとても忙しいようすでした。
カレーは調理室で作り、教室まで運びました。限られた人数で仕事を分担し、よく働いていました。
コットンキャンディも手作りができたり、カクテル風ジュースもバリエーション豊かで、とてもおいしかったです。
  
 

文化部や生徒会の展示も充実していました。
①美術選択の作品展、②華道部による生け花の展示、③JRC部によるパンのボランティア販売
④科学部による手作り透明標本の販売、⑤図書委員会による本の紹介としおり作成、⑥2学年のインターンシップ・修学旅行の写真展
⑦写真部によるデジタル寫眞館、⑧生徒会による縁日、⑨美術イラスト部による作品の展示
 ② ③
 ⑤ ⑥
 ⑧ ⑨

生徒たちもとても楽しそうで、秋桜祭を通じて様々な人と交流できたのではないかと思います。
お越しいただいた地域の皆さま、ありがとうございました。
今後とも皆野高校をよろしくお願いいたします。

秋桜祭 一般公開 速報

11月11日(土)秋桜祭一般公開が始まっています。
天候は快晴。午前10時のオープン前から来校していただいています。
 
午前10時、秩父屋台囃子の太鼓「カカッ ドンドンドンドロロ~ン」の響きでスタートです。
地域の、ゆるキャラたちも出迎えました。
 

本校生徒による太鼓チームが盛り上げます!
 

ゆるキャラ目当ての子供たちもいたようです~
 

例年、バザーを実施していただいたPTAの保護者の皆さん、
今年は初めて入り口で飲食販売。秋桜祭を盛り上げます!!
 

秋桜祭 1日目

11月10日(金)
とうとう待ちに待った秋桜祭です。
本校の生徒たちが、夏休みから準備を重ねてきました。本日ようやくお披露目となります。

初日の校内公開、オープニングセレモニーが行われました。
 
 
各団体が発表の企画について、全校生徒の前で説明してPRしました。
あるホラー映画に出てくるキャラクターをまねたユニークな発表などもあり、それぞれの形でアピールしていました。

ここで、国神小学校の児童の皆さんが遊びに来てくれました。
初めて国神小学校の全校児童が本校文化祭オープニングセレモニーを見学してくれました。
 
 

有志によるステージでの発表です。
 
 
 
音楽選択者の息の合った合唱、まさかの教員3人によるライブ、
切れのある見学者を引き付けるダンス、最後は気合の入った秩父屋台囃子が行われました。

そして、ゆるキャラが遊びに来てくれました。
 
 
 
今日来てくれたのは、横瀬町から「ぶこーさん」、秩父市から「ポテクマくん」、皆野町の「みーなちゃん」の3体です。
小学生、高校生たちの前に並ぶと大歓声で盛り上がりました。3体のゆるキャラと一緒に楽しみました。

午後からは、校内公開が行われました。

明日はいよいよ、一般公開です。
ゆるキャラの3体も遊びに来てくれ、とても楽しい企画がたくさんあります。
ぜひ、皆野高校の秋桜祭に足を運んでいただけたらと思います。
全校生徒でお待ちしています。

本校文化祭、秋桜祭に向けて準備中です



11月11日(土)皆野高校 第51回 秋桜祭 の一般公開日です。(チケット制)

前々日に8日(水)6限目の授業が終わると、待っていましたとばかりに準備にとりかかっている生徒が多くいます。
遅い時間帯まで、協力し合って頑張っていました。
 
 
 
  



11月9日(木)は、1日準備となります。
日の出前から準備している団体(?!)がありましたヨ~
 

SHR後は、ボードの搬入。展示場所を作製します。
  

そして、10日(金)は校内公開、11日(土)が一般公開となります。
ぜひ、多くの皆さまに来校いただきたいと思います。

3年家庭総合「調理実習」

今週は、家庭総合の授業で調理実習に取り組んでいます。

今回は、
・ぶりの照り焼き
・小松菜のごまあえ
・ほうとう
・雑穀ご飯 です。

完成した後は、みんなで「いただきます!」
一緒に昼食です。
 

羅生門 紙芝居 発表日

1年生「国語総合」の授業です。
芥川龍之介「羅生門」の単元に入ります。

11月7日(火)各クラスでグループごとに分かれて作成した「羅生門」の紙芝居を発表し合いました。
この授業は、「羅生門」の単元に入る前にグループごとに物語を読み込んで、そのイメージを絵として描き、紙芝居で発表するというものです。

どのグループも笑いもあり、楽しい発表会となりました。

そして、今後「羅生門」の授業に入ります。
授業で背景や意味などを学んで、最初のイメージで生徒が紙芝居にした絵と比べて、さらに学習を深めていきます。
  
  
工夫された授業構成、授業内容、
後ろで見学していても、楽しそうな授業だと感じます!

卓球部 大会結果報告

11月4日(土)
第72回熊谷市文化祭卓球大会に本校卓球部の6名が出場しました。
他校から多くの高校生が参加しましたが、

ジュニア男子シングルスの部
準優勝 3年 保泉大紀


という結果を残すことができました。
本人は昨年度の大会で優勝していたこともあり、嬉しさの中に少し悔しい気持ちもあるようでした。
今後もより多くの皆高生が活躍できるように、日々練習を頑張っていきます。
  

H29新井涼平先輩応援メッセージ「Part 14」 世界で活躍する先輩へのエール

11月4日(土)午前10時~午後1時
秩父宮記念市民会館けやきフォーラムを会場に、
本校を平成22年3月卒業の新井涼平先輩の講演会が、
「2020東京オリンピックへの挑戦」と題して開催されました。

この講演会は、ちちぶ共同参画協議会と秩父市が主催して多くの地域の皆さんが参加されていました。
本校からも、生徒・教職員・保護者などが参加してきました。
 
オリンピックで使用したウェアやシューズ、やり等も展示されました。

この講演会の様子が、11月5日の埼玉新聞にも掲載されました。


下記から埼玉新聞の該当べーじへリンクします。
http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/11/05/09_.html

日の出です

朝の気温 4度。
日ごとに厳しい寒さを感じる季節になりました。

日の出時間と、登校時間が重なる時期もまもなくです。
綺麗な日の出の日差しが皆野高校を照らします。
 
生徒昇降口より、正門の向こうに美の山から昇る太陽(10月31日6:46撮影)

文化祭カウントダウン

文化祭が来週に迫りカウントダウンボードも1ケタになります。
【10月31日撮影】

各学年ごとに催しの準備など力が入ってきています。

美術の作品制作も仕上げの段階に入っています。
 

音楽も授業以外、昼休みに集まって合唱練習に励んでいます。
 

H29新井涼平先輩応援メッセージ「Part 13」 世界で活躍する先輩へのエール

オリンピック1000日前イベントで新井先輩も大活躍です!

10月28日(土)
さいたま新都心の「けやき広場」で、
埼玉県知事らと東京五輪カウントダウンイベントに参加して、
東京五輪に向けての抱負などを語られました。

 
読売新聞、埼玉新聞にも掲載されました。

皆野高校でも、新井先輩を応援し続けています。

なお、明日11月4日(土)秩父市の「いきいき市民フォーラム」で、
新井先輩の講演会が下記予定で無料で開催されます。
当日参加も可能と思います。ぜひ、お出かけください。

     記
時間:午前10時~午後1時
場所:秩父宮記念市民会館 けやきフォーラム
演題:2020東京オリンピックへの挑戦

秩父地区合同読書会

10月31日(火)
合同読書会も、今年で37回目を迎えました。
今回も図書委員の生徒を中心に、7名の生徒が参加しました。

開会の挨拶を皆野高校の生徒が担当しました。堂々と、しっかりした挨拶ができました。
  
開会式の後は、レクリエーションで参加者の緊張をほぐします。
レクリエーションの担当は秩父高校。今年は【なんでもフルーツバスケット】と【坊主めくり】を行いました。
【坊主めくり】は色々なルールがあって、「うちのルールはこうだ!」などと、話しながら楽しんでいました。
    
レクリエーションの後は、いよいよ読書会です。
今回のテキストは『心が叫びたがってるんだ』(豊田美加/著)でした。
秩父を舞台にしたアニメ作品の第2弾で、実写版の映画撮影には秩父高校や秩父農工科学高校が使われ、生徒たちにも身近な作品です。
    
司会の生徒を中心に、たっぷりと2時間半、本の内容について話し合います。
ほとんど初対面の生徒たちでしたが、同じ高校生同士です。
共通の趣味の話など、雑談をまじえながら読書会の終わりには、みんな仲良くなっていました。
       
最後にグループの代表者の感想の発表がありました。
多くの参加者が「色々と自分と違う考えがを聴くことができて、楽しかったです。」という感を持ったようでした。
伝統の秩父地区合同読書会、第38回はどんなテキストで行うのでしょうか?
来年度もまた、楽しみです。

赤い羽根 共同募金

皆野高校では毎年、赤い羽根共同募金を各クラスで生徒たちに呼びかけて実施しています。
今年度も10月17日、集まったお金を寄付しました。