毎日更新! 学校日誌

2011年12月の記事一覧

にっこり 第2学期終了

 平成23年度 第2学期が12月22日(木)の終業式をもって終了しました。
当日は、式に先立ち各種表彰が行われました。
 国家試験の「ITパスポート」や日商簿記2級等非常に難しい試験に合格した総勢36名が、
山本校長より表彰を受けました。昨年同様、表彰者の迫力ある記念写真を掲載します。
  

         


OK 地域と一緒に活動してます。


14日(水)午後、皆野町赤十字奉仕団(13名)と本校JRC部及び生徒会のメンバーが
交流会を開きました。本校の活動内容を説明したり、奉仕団(ボランティア)の皆さんからの
活動計画を聞いたり、地域において協働のの支援体制作りを進める第一歩として
相互の親睦を図りました。
 

昼 人権教育講演会の実施

本日、14日(水)講師に舞台女優の有馬理恵さんをお迎えして
皆野町文化会館において「人権教育の講演会」を実施しました。
この企画は、もともと今年3月に計画していたもので「東日本大震災」の
影響で、今回まで延期になっていたものです。
生徒の感想には「差別は人を変えてしまうことがよくわかった」等
真剣なものばかりで、心を大きく動かす講演会になりました。
        


笑う 年の瀬の風物詩

「国神小学校とのふれあい交流」
  恒例になった国神小学校での書き初め指導。
今年は、1213日(火)に3年生4年生を対象に本校書道部が指導し一緒に練習しました。
3年生の課題は「みらい」。プロジェクターなど駆使して見本を見せたり、小学生の手をとり
筆運びを指導したり2時間に亘り交流を深めました。
当日は、NHK秩父報道室の取材もあり、20:45からの「首都圏ニュース845」で
様子が放映されました。
市民から「皆高はいいことしているね!」とお褒めの電話もいただきました。
又、15日(木)には、5年生6年生の指導に訪問します。

  

 

 

 

 

 

雪 美の山 初冠雪

 昨夜から降り出した雨は、本日未明から雪に変わりました。
本校から見える「美の山」も今年初冠雪。
 本日、期末試験最終日を迎えた生徒も、寒そうに登校してきました。
湿気のある冷たい空気は、「スキー場」の空気を思い出させます。
 
 

鉛筆 中学2年生が授業を体験しました。

 12月7日(水)、皆野中学校2年生全員と秩父第一中学校2年生希望者が
皆野高校で、高校の授業を体験しました。 商業関係の授業だけでなく、
ホッケーの授業や普通教科の授業も体験し高校の雰囲気を味わいました。
 参加した中学生は、「思った以上に楽しい授業で、高校選択の幅が広がった。」
と言っていました。
 
  開校式                   情報処理(クリスマスカード作り)
 
書道(和綴じ)                商業(ラッピング)
 
数学(数と人間-数の視覚化)      閉校式 
 
 
 
 
 

晴れ JRC部の活動


本校の特徴あるボランティア活動は、その一翼をJRC部が担っています。
このたび、本校の下を走る「皆野・両神・荒川線」を皆で清掃整備し、
この道の利用者や近隣の人々に気持ちよく使ってもらおうと思い、
「彩の国ロードサポート」に登録しました。
12月の初旬に看板が立ち、活動を続けている部員たちは、
気持ちを新たにし、その責任の大きさを実感していまいた。