ご挨拶

 令和5年4月1日に着任しました校長の浅見 和義です。2年目となります。

   今まで、生徒・教員・教頭としてお世話になってきました。第22代の校長として勤務しております。皆野高校、通算12年目となります。

 本校には、初代の高田校長が定めた創立時から大切にされている校訓があります。それは「誠実・勤勉・協力・奉仕」です。


 何事にも誠実・勤勉に取り組み、色々な方々と協力しながら社会をより良くしていこうとする精神、また、その中で地域や社会に対する奉仕の心を持ち続ける、という校訓の精神は本校の教育活動の礎になっています。この校訓の理念の下で、地域活性化に貢献し、将来の地域社会と産業を支える人材の育成を目指しています。

 これらの目標達成に向けて、今年度は、生徒2・3年生のみとなりましたが、少ない生徒数でも、生徒たちが多くの経験を積みながら、社会の荒波に飛び込んでいってほしいと考えています。そして将来、皆高の卒業生には、地域社会や職場をはじめとする、自分を取り巻く環境をより良くしていくための行動ができる人として活躍してほしいという願いがあります。そのために、皆野高校では日々の授業をはじめ、様々な学校行事などで、時には教室から飛び出して、地域を舞台にした体験的な学びに取り組んでいます。地域に貢献する人材を育成するために、教室内だけでなく、時には地域の力を借りて、地域で生徒を育てる。それが、本校が最も大切にしている理念です。

 今後も継続して、教職員が一丸となり、保護者の皆さま、地域の皆さまと共に、生徒のために取り組んでまいります。皆野高校は、地域との交流を大切にする商業高校です。「生徒一人一人を大切に、そして地域社会に貢献できる人材の育成」に引き続き力を注いでいく所存です。

 今後とも、本校を応援していただきますよう、お願い申し上げます。

令和6年度  皆野高校の合言葉を1学期始業式で披露しました。

皆野の「み」   未来の自分創りに向かって

皆野の「な」   何事にも誠実・勤勉

皆野の「の」   乗り越えよう今の自分


 埼玉県立皆野高等学校 第22代 校長 浅見 和義

お知らせ

 皆高から発信しているミニコミ誌「皆高C・Sタイムズ」はこちらをクリック

 ⇒ 皆高ミニコミ誌「皆高C・Sタイムズ」